致命的なミスを回避できる消し込みを導入しよう

女性

日本に居ながらにして連携

香港で事業展開を行う場合、インターネット上の会計ソフトが便利です。他言語、他通貨に精通したソフトを導入すれば、報告通貨の定義と換算を自動で行えます。各国ごとの言語と勘定科目で作業できるので能率的で、複数の帳簿の一括管理及び各個社ごとの定義づけができます。

扱いやすい共有サービス

従来の企業内にファイルサーバーを設置する手法と異なり、インターネット上にデータを保存するクラウド型のファイル共有が普及しつつあります。クラウド型ならどこからでもデータにアクセスできる他、端末の種類も選びません。導入コストも少ないなど多くのメリットが考えられます。

ミスも大幅に減らせます

メンズ

コストを削減できます

消し込みとは販売に対して入金が行われた際にチェックを行い、帳簿に記載されている未回収金の欄から記録を抹消してゆく作業のことです。この消し込みの確認作業はとても大変です。事業規模が大きくなる企業の場合はもちろんのこと、個人事業主の場合でも取引先が多岐にわたる場合は入金の確認作業だけでも膨大な時間を費やすことになります。入金時期が変更になった際や振込金額に不足があった場合などには帳簿をすべてチェックしなおすことになるのでいくら時間があっても足りなくなるほどです。またこの消し込み作業は人力で行う場合はヒューマンエラーも生じやすく、二重請求などを行ってしまいしばしば会社の信用を落とす原因ともなっています。この消し込み作業の問題は自動化システムを導入することで一気に改善します。消し込み自動化システムのソフトを導入すれば販売に対して自動的に取引先の入金確認が行われるため、人力で消し込み作業を行う必要がなくなります。もちろん消し込み作業の一覧はインターフェイスから一括して確認できるので、自動化された消し込み作業に誤りがないかを確認することも可能です。また社名変更や取引先が使用している口座番号などに変更があった際にも、すぐに対応することができるので経理にかかる時間を一気に短縮することができます。さらに最新式の消し込み自動化システムは従来までのサーバー方式ではなくクラウドシステムで運用されているので、メンテナンスによるアクセス障害なども発生しないので安定的に業務で使用することができます。

連絡をスムーズにする

現代ではスマートフォンなどの携帯端末のおかげで、あらゆる場所で連絡を取ることが可能です。しかし、それらをそのままビジネスに利用するのにはリスクが伴います。このため会社内のグループといった特定少人数での連絡をとるためのチャットツールを導入する必要があります。

Copyright © 2017 致命的なミスを回避できる消し込みを導入しよう All Rights Reserved.